老後のお金が心配

正直言って、今この瞬間はお金に困っていません。

お仕事もあります。貯金も多少あります。親もまだ元気です。

 

しかし、四十路で独り身、子供もいない。

祖父母おじおば達がほとんど長生きしているため、自分も長生きの可能性が高い。

長命が結構なリスクになってしまっています。

 

この先、年寄りになってから(というか収入がなくなってから)がおおいに怖いです。

団塊ジュニアなんかに年金はもらえるのでしょうか。

いざとなってから国に「やっぱり年金払えないや。ごめんね」と言われたらと考えると目の前が昏くなります。

 

“ぼのぼの”のアライグマくんに「困る前から困ってどうするんだ」「困ってから困ればいいんだよ」という科白があります。

確かにね、心配しすぎても消耗して人生つまんないですよね。

金勘定だけじゃなくて心身ちゃんとまともに生きないといけない。

 

でも結局年寄りの尊厳を守るのに多少の金は必要だよねえ…とせっせと積立をしてしまうのでした。

とは言ってもFXだの信用取引だのは怖くて手がだせないのです。小市民。

 

あといくらあったら安心するんだろう。

65歳から100歳まで生きて、年間200万円とすると老後必要なのは7000万円ですが、(インフレと病気と災害と…)と考えだすと止まらないのがやはり小市民。

お金の資産運用について

お金の運用は以前は銀行での貯金が主でした。

しかし、安全なのですが利息は望めません。

 

そこで投資信託や株式運用に切り替えました。

日本国債型ですと比較的安全ですがこれもやはり配当金が望めません。

運用方法に悩みましたが、少しリスクがあっても海外不動産運用型に切り替えました。

 

現在は投資信託で200万円ぐらいで月5万円の配当金が付くようになりました。

もちろん、元金保証はありませんがリスク管理がしっかりできていると意外とコンスタントに定期収入が入るようになりました。

今サラリーマンでは給料も上がらず消費税増税など家計的にも厳しいものがあります。

 

いろいろなお金の悩みはつきませんが私の場合ファイナンシャルプランナーの勉強をし資格試験に受験しました。

この試験勉強は「お金についての知識」について多くの知識を学ぶ良い機会となりました。

お金の知識があることはけして損することはありませんのでこれからも積極的に学び、保険・税金・年金などの知識を得ることで不安を解消できると思います。

 

お金に翻弄される人々

人が生きていく上でお金は必要不可欠なものであり大きな力にもなります。

収入が多い人は計画的にお金を使っていれば悩みも少なく安定した暮らしができ、計画性のあるお金の使い方は私たちの生活を助けてくれます。

その結果、充実した私生活を送ることができ人間関係も幅広くたくさんの人と交流することができます。

 

逆に収入が少ない人は頑張って節約をしてもお金の悩みはなくなりません。

お金が無くなると心にも余裕がなくなるので、視野も狭くなりやすく目の前のことしか考えられません。

人間関係では相手を気遣う余裕がなく自分のことで精一杯なため、友人作りが難しくなります。

 

頭からお金の悩みが離れなくなりますが、解決策を見つけることはとても難しく私生活が落ち着かなくなります。

この状態から脱出するためには収入を増やすことが大事で、本人の大きな努力と少しの運が必要です。

はじめは結果がなかなか現れないため不安や焦りに惑わされますが、ここを乗り切って頑張り続けることで収入も増えていきます。

始めから難しく考えないで諦めたりせず、勇気を持って今を変えていくことが大切です。

 

 

お金が貯まらない

ことあるたびに銀行に行ってお金を下ろしたり入金したりする。

ATMで「印字して下さい」と言われるぐらい暫く通帳への印刷をしてなかったので口座にいくらあるかをイマイチ把握していなかった。

通帳をじっくり見てため息ついてガックリする。

想像よりなんてレベルじゃなく全くって言っていいほどに残高金額は微々たるものだった。

というか毎月何の理由にいくら引き落とされてるかをマジマジと実感する。

 

どうしたらお金が貯まるだろうかと思い週に一度のダブルワークをしてみたりしても焼け石に水のレベルにも達しない程度にしかならない。

使わなきゃいいじゃん。って言われても使わざるえないのだ。

第一節約に節約を重ねてこの様だ。

 

アベノミクスって本当に効果があんの?って思うし、中間層への再配分とか言っても中間層がどんだけいんだよ?って思う。

政治にお金を増やすことを期待しても無意味だ。

政治は外交やら頑張ってもらって、生活は自分で防衛しなきゃいけない。

 

ある一日の生活から

その男は、何かに嫌気を感じていると同時に常日頃から、自分でも理解できない異様な依存心における優しさに悩まされていた。

男は郊外のマンションに一人で住んでいた。

いつからか確か数か月も前から、一切仕事をしなくなっていた。

手持ちのお金は、もう少しで底をつきそうだった。

 

そんなある日の出来事だった。

男の部屋の一室の台所のテーブルでに一枚のハガキが、無造作に置かれていた。

一枚のハガキには表面の真ん中らへんにラベルが貼られていた。

そこには今すぐお金を借りれますという黒く太字で書かれた文字がラベルの半分に映っていた。

 

普段の男の姿では、そんなうっすぺらい紙切れに興味をもたなかったのだが、その時は、何かに違和感を感じていた。

そもそもこんなハガキがどうしてこのテーブルにおかれているかも理解できなかった。

男の記憶は定かではないが、このハガキを持ち込んだ覚えもなかった。

 

時刻が日付が変わる前の、午後23時45分を時計の針が刻んだ。男は普段の日課でもある近くのコンビニに安い缶コーヒを買いに行くことにした。

玄関を出てから、マンションの階段を下りてコンビニに向かった。

男は先程の違和感が、何だったかを考えていた。

すると男の日常は普段の仕事から、今の現状迄、何も変わることがなかった。

 

早足でコンビ二に急いだ。外は住宅街で人の姿はほとんどなかった。

店内の手前まで差し掛かってくると、自動ドアが開き、女性店員が丁寧な口調で、いらっしゃいませと挨拶をした。

 

男は自分の脳裏に何かが伝わってきているのを感じた。

それは、男の生活は自分自身の許容範囲をこえた虚栄心とプライドだけが男を支配していた。

なぜこんな単純な事が今頃になってと、男はじぶんの記憶を辿っていくと、部屋で見たあのハガキから、男は恐るべき蟻地獄へ踏み出していた。

 

店内にいた男は後ろを振り返った。そこには誰もいない。

そして自分もいない。周りは、商品が並べられてきれいに陳列された姿である。

そしてあの女性店員はごくありふれた日常の生活を演じきっている。

そして男の目の前にはコンビニのレジがある。女性店員は、終始笑顔を浮かべていた。

 

毎月の支払いについて

毎月の支払いの多くを占めるのが食費や光熱費、通信費です。

これらの出費は切り詰めるのがなかなか難しいものだと思います。

 

できるだけ外食は避け、自炊するように心がけますが、どうしても楽な外食になってしまいがちです。

自炊にしても、スーパーのチラシをチェックして少しでも安い食材をと思いますが、これも一苦労です。

 

光熱費や通信費は食費以上に節約が難しいです。

節約しているつもりでも短期的には成果がなかなか見えづらく、やりがいを見失いがちです。

冬場は電気やガスの使用量が増し、特に高額になってしまいます。

 

また、今はアパート住まいで家賃を払っていますが、将来的には夢のマイホームが欲しいです。

そうなると住宅ローンやら車のローンやらが加算され、子どもが出来れば教育費も必要で、貯金もしなければと、気が重くなりそうです。

 

毎月の支払いは頭を悩ませますが、楽しみながら節約できれば良いなと思いますし、一生懸命働かねば!と強く思わせてくれるものでもあります。